Updated on Nov. 5, 2018

Takaaki Kumagai, Ph.D.
キュレーター、美術史研究者

東京生まれ。米国カンザス大学にて美術史博士号(Ph.D., Art History)、大阪大学大学院にて人類学修士号取得。博士論文 Kitagawa Tamiji’s Art and Art Education: Translating Culture In Postrevolutionary Mexico and Modern Japan.『北川民次の美術と美術教育:革命後メキシコと現代日本における文化の翻訳』https://kuscholarworks.ku.edu/handle/1808/26339

現在:La Salle大学非常勤講師、アーティスト集団/キュレーションプラットフォームSIN|CENTRO発起人、キュレーター。コロンビア、メキシコ、アメリカ合衆国、日本にて、コンテンポラリーアートの展示企画、学会発表、講義、トークイベント等の実績多数。

外国語
スペイン語、英語、インドネシア語

学位
2000 立命館大学国際関係学部卒業
2002 大阪大学大学院人間科学研究科修了
2017 カンザス大学大学院美術史学専攻博士課程修了

職歴
2008-2011 カンザス大学美術史学部リサーチアシスタント
2011-2012 カンザス大学スペンサー美術館インターン
2014 コロンビア国立大学大学院非常勤講師
2014 ロスアンデス大学非常勤講師
2018 – 現在 ラサジェ大学非常勤講師
2018 ARCOT(Colombian Artists in Tokyo)キュレーター


論文・出版物2017-2018)
(刊行予定) “Kitagawa Tamiji’s Painting as Unrealized Murals.(未成の壁画としての絵画―北川民次)Memoria del Simposio Internacional ‘Seki Sano y Kitagawa Tamiji, Artistas Japoneses en México de las Décadas de 1920 a 1960.’(国際シンポジウム、佐野碩と北川民次:1920年代から60年代メキシコにおける日本人作家の活動) Centro de Estudios de Asia y África, El Colegio de México.

2018. 「コロンビアの「詩情」:コンテンポラリーアートにおける日本へのまなざし」『詩と思想』2018年11月号、164-167。

2018.“Maekawa Kunio: War, Prefabrication and Wooden Modernism” (前川國男のプレハブ住宅と木造建築にみるモダニズム)Dearq 22 (20181月ー2). Departamento de Arquitectura, Universidad de los Andes.
https://revistas.uniandes.edu.co/doi/abs/10.18389/dearq22.2018.03

2017-2018. Takaaki Kumagaiの現代アート塾 (連載)『新次元』 5-10号。

2017. 中南米の路面に関する考察『新次元』 4号。


展覧会キュレーション
“Site/non-site: Contemplación del lugar en el Japón contemporáneo¨.(サイト/ノンサイト:日本のコンテンポラリーアートにおける「場所」という問題) Instituto Departamental de Bellas Artes. (サンティアゴ・デ・カリ、コロンビア、県立ファインアートインスティテュート)2018年11月2日より16日まで。参加作家:佐藤信太郎、田尻健二、田々野、トモトシ、なるかわあかね、野村はる、三原回、屋代敏博。

¨Línea Interrumpida: Fotografía y videoarte contemporáneo del Japón¨(3a edición).(線過去/点過去:現代日本の写真とビデオアート、ヴァージョン3)Universidad de los Andes. (ボゴタ、コロンビア:ロスアンデス大学), 2018920日より28日まで。参加作家:野村はる、北野謙、田尻健二、マツモトノリヒト、佐藤信太郎、池田拓馬、木村哲雄、屋代敏博。

¨Línea Interrumpida: Fotografía y videoarte contemporáneo del Japón¨(3a edición). (線過去/点過去:現代日本の写真とビデオアート、ヴァージョン2)Universidad Distrial, Sede Bosa. (ボゴタ、コロンビア:ボゴタ首都特別区立大学ボサ・ポルベニールキャンパス) 201889日より31日まで。参加作家:池田拓馬、北野謙、佐藤信太郎 、田尻健二、富永剛総、屋代敏博。

¨Post 3.11-Felicidad: Seis videoartistas del Japón contemporáneo¨ (3.11後の幸福:現代日本のビデオアート) Obra Negra Espacio. (グアナフアト、メキシコ:スペースオブラネグラ) 2018727日より810日まで。参加作家:富永剛総、高橋宏忠、武田海、マツモトノリヒト、田々野、木村哲雄。

¨Línea Interrumpida: Fotografía y videoarte del Japón contemporáneo¨. (線過去/点過去:現代日本の写真とビデオアート、ヴァージョン1)Galería del Arte Paul Bardwell, Centro Colombo Americano. (メデジン、コロンビア:コロンボアメリカーノセンター) 201876日より27日まで。参加作家:高橋宏忠、北野謙、田尻健二、三原回、佐藤信太郎、屋代敏博。

¨Post 3.11-Felicidad: Seis videoartistas del Japón contemporáneo¨. 3.11後の幸福:現代日本のビデオアート)MUUA.  (メデジン、コロンビア:アンティオキア大学ミュージアム) 2018517日より818日まで。参加作家:富永剛総、高橋宏忠、武田海、マツモトノリヒト、田々野、木村哲雄。

¨ARCOT2018¨. (コロンビアコンテンポラリーアート展2018、東京) セルバンテス文化センター東京。2018411日より27日まで。

高等部美術展審査員、Impoluto. (インポルート) Colegio Mayor de los Andes. (カヒカ、コロンビア:コレヒオマヨール・デ・ロス・アンデス)2018年3月16日。

¨De/en Japón¨.(日本から/にて) Universidad Pontificia Bolivariana. (メデジン、コロンビア :ボリバリアナ大学) 2018214日より316日まで。参加作家:斎藤はぢめ、野村はる、三原回、吉田博嗣。

¨De-progresión: Videoarte japonés¨.(デプログレシオン、日本のビデオアート) Cuarto Creciente Galería. (グアナフアト、メキシコ: クアルトクレシエンテギャラリー) 201828日より28日まで。参加作家:斎藤はぢめ、高橋宏忠、野村はる、三原回、吉田博嗣。

¨De-progresión: Cuatro videoartistas del Japón contemporáneo¨.(デプログレシオン、日本のビデオアート) Sala de exposiciones Carlos Drews Castro. (ペレイラ、コロンビア:カルロス・ドリュス・カストロギャラリー) 201798日より106日まで。参加作家:斎藤はぢめ、高橋宏忠、野村はる、三原回、吉田博嗣。

¨Líneas Sumergidas¨.(埋没する境界)La Pascasia. (メデジン、コロンビア :ラ・パスカシアギャラリー) 2017524日より727日まで。参加作家:熊澤明子、アレハンドラ・アルベラエス。

¨Akiko Kumazawa: Enlazando memorias colectivas¨. (熊澤明子:集合的記憶をむすぶ)Parche Artist Residency (ボゴタ、コロンビア:パルチェ・アーティストレジデンシー), 2016108日より21日まで。参加作家:熊澤明子。


学会発表、レクチャー、トークイベント等

¨El arte y la memoria colectiva: Representación del cuerto en la pintura japonésa¨.(集合的記憶と美術:戦後日本の絵画における身体の表象) Instituto Departamental de Bellas Artes, Cali.(サンティアゴ・デ・カリ、コロンビア、県立アートインスティテュート) 2018111日。

¨El arte y la memoria colectiva: Japón después de 1945¨.(戦後日本のアートと集合的記憶) Universidad Distrital Sede Bosa Porvenir, Bogotá.(ボゴタ、コロンビア:ボゴタ首都特別区立大学ボサ・ポルベニールキャンバス) 201889日。

¨Arte, fotografía y ciudad¨.(アート、写真、都市) Festival: Bronx está de moda.(ブロンクス地区フェスティバル) ボゴタ、コロンビア。2018年6月6日。

¨El cuerpo en la pintura contemporánea: Casos de Japón después de 1945¨.(現代絵画における身体の表象、戦後日本の場合) Semillero de investigación. Universidad de La Salle, sede Chapinero, Bogotá.(ボゴタ、コロンビア:ラサジェ大学チャピネロキャンパス)
2018
421日。

¨Entender el arte japonés en 60 minutos¨. (日本美術を60分で理解する)Multilingua, Universidad de Antioquia, Medellín.(メデジン、コロンビア:アンティオキア大学言語学部) 2018215日。

¨Increíble recorrido por Japón: Una intervención en el conocimiento latinoamericano sobre el arte y la cultura de Japón¨.(驚きの回遊:ラテンアメリカにおける日本文化と美術に関する言説への介入) Universidad de Pamplona, Pamplona.(パンプロナ、コロンビア:パンプロナ大学)20171215日。

¨Taller y Seminario del Arte Japonés Contemporáneo¨.(セミナーとワークショップ:日本のコンテンポラリーアート) Semana Cultural de Japón. (日本文化週間)Universidad del Valle, Cali.(サンティアゴ・デ・カリ、コロンビア:バジェ大学)20161122日より23日まで。

¨Tradicional/Contemporáneo: Conferencia y Taller¨.(伝統とコンテンポラネイティ、トークとワークショップ) Museo La Tertulia, Cali. (サンティアゴ・デ・カリ:テルトゥリアミュージアム) 20161119日。ワークショップ担当:熊澤明子。

¨Interpretando el Arte Japonés en América Latina¨. (ラテンアメリカで日本美術について語ることについて)Conferencia de Profundización.(特定のテーマに関するレクチャー) Universidad Manuela Beltrán, Bogotá(ボゴタ、コロンビア:マヌエラ・ベルトラン大学)20161026日。

¨Conferencia del Arte Japonés¨.( 日本美術レクチャー)Biblioteca Julio Mario Santo Domingo, Bogotá(ボゴタ、コロンビア:フリオマリオ・サントドミンゴ図書館) 2016923日。

¨¿Cómo Habla el Público Colombiano del Arte Japonés?: una Breve Intervención en el Conocimiento del Arte y la Cultura de Japón en América Latina¨.(ラテンアメリカで日本美術を語ること、日本文化と美術に関する言説への介入) Ciclo de Conferencias de Arte y Arquitectura.(レクチャーシリーズ:美術と建築)Country Club de Bogotá(ボゴタ、コロンビア:ボゴタカントリークラブ)2015825日。

¨Arte Mexicano y la Vanguardia Artística en Japón¨.(メキシコ美術と戦後日本の前衛) Conversatorio. (レクチャー)Rio Laboratorio, Bogotá.(ボゴタ、コロンビア:アートスペースリオラボラトリオ)2014104日。

¨Arte después de la Guerra: Artistas y la Memoria Colectiva en el Japón Contemporáneo¨. (戦争のあとの美術、現代日本におけるアーティストと集合的記憶)Conversatorio. (レクチャー) Museo La Tertulia.(サンティアゴ・デ・カリ:テルトゥリアミュージアム)2014919日。

¨Kitagawa Tamiji: Ramificación Transnacional del Arte Latinoamericano del Siglo XX en Japón¨. (日本のなかの二十世紀ラテンアメリカ美術:北川民次のケース)IV Simposio de Historia del Arte ¨Aquí, Allá, y en el Medio: Encuentros Transnacionales en el Arte Latinoamericano¨. (第四回美術史シンポジウム:ラテンアメリカ美術におけるトランスナショナルな出会い)Departamento de Arte, Universidad de los Andes.(ボゴタ、コロンビア:ロスアンデス大学美術学部)2014820日より22日まで。

¨Espiritualidad Interactiva: Mariko Mori y el Japón Contemporáneo¨. (インタラクティブなスピリチュアリティ、森万里子と現代日本) Conferencia ¨Hoy es Diseño¨(コンファレンス:デザインの現在)Universidad Icesi. (サンティアゴ・デ・カリ、コロンビア:イセシ大学)2014424日より25日まで。

Kitagawa Tamiji’s ‘Mural-like’ Painting”.(北川民次の壁画的絵画) Conferencia Anual, Sección ¨Asuntos de Mecenazgo y Coleccionismo del Arte Asiático II: Interacciones Interculturales con Japón¨. (アメリカ中西部美術史学会アニュアルコンファレンス、美術の収集とパトロネージ:日本美術の異文化交流)Sociedad de la Historia del Arte de Medio Oeste de Estados Unidos. Universidad Estatal de Wichita y Museo del Arte de Wichita.(ウィチタ、アメリカ合衆国:ウィチタ州立大学、ウィチタ美術館)2012329日より31日まで。

Kitagawa Tamiji’s Painting as ‘Unrealized’ Murals” (北川民次―完成しなかった壁画としての絵画) Simposio Internacional ¨Seki Sano y Kitagawa Tamiji, Artistas Japoneses en México de las Décadas de 1920 a 1960¨. 国際シンポジウム、佐野碩と北川民次:1920年代から60年代メキシコにおける日本人作家の活動) Centro de Estudios de Asia y África, El Colegio de México. (メキシコシティ:コレヒオ・デ・メヒコ、アジア・アフリカ研究センター) 20111111日より14日まで。

Did Hokusai Draw Everything? José Juan Tablada’s Ukiyoe Collection in the National Library of Mexico, Mexico City”.(北斎は「すべて」を描いたのか?ホセ・フアン・タブラーダの浮世絵コレクション)Simposio Departamental ¨Nomadismo en Arte: La Historia del Arte en la Época de la Globalización¨. (学部主催シンポジウム、美術におけるノマディズム:グローバル化時代における美術史研究)Departamento de Historia del Arte, Universidad de Kansas. (ローレンス、アメリカ合衆国:カンザス大学美術史学部) 2009417日。

「土門拳の写真にみる日本のイメージ」 Clase en Japonés como parte del mantenimiento del idioma avanzado. (日本語上級者向けクラスレクチャー) Centro de Estudios de Asia Oriental, Universidad de Kansas. (ローレンス、アメリカ合衆国:カンザス大学東アジア研究センター)2007119日。

「マヤの織物の民族誌」 文部科学省助成金による研究会。沖縄大学。200474日。


助成、奨学金等
Beca para Estudiantes Extranjeros: Secretaría de Relaciones Exteriores del Gobierno de México (メキシコ政府外務省奨学金)
2012
2013

Artistas contemporáneos en la Ciudad de México para el programa de residencias artísticas. (レジデンシープログラムを目的としたメキシコシティにおけるコンテンポラリーアートの調査)Museo del Arte Spencer, Universidad de Kansas. (カンザス大学スペンサー美術館)2011

The Ōkubo Award, Universidad de Kansas (カンザス大学オオクボアワード:日本をテーマとするタームペーパーのうち最優秀のもの)2011

文部科学省助成金科学研究費助成金(沖縄大学における研究会発表)2004

博士課程学生向け文部科学省21世紀COEプログラム助成金(メキシコ、チアパス州における政治的抵抗の手段としての壁画制作に関する調査)2003

Beca para Estudiantes Extranjeros: Secretaría de Relaciones Exteriores del Gobierno de México (メキシコ政府外務省奨学金)2002-2003

 

%d bloggers like this: